※2012年12月1日より新ブログに移行しました。
>>>現行ブログ free to write WHATEVER I like
⇒2019年にさらにWordpressに移行しました。
>>>現行HP シャイン経営研究所(中小企業診断士・谷藤友彦)
⇒2021年からInstagramを開始。ほぼ同じ内容を新ブログに掲載しています。
>>>Instagram @tomohikoyato
   新ブログ 谷藤友彦ー本と飯と中小企業診断士
March 29, 2012

「水曜どうでしょう」で最近お気に入りなのは、この『ヨーロッパ・リベンジ』(シークレットの出し方追記)

拍手してくれたら嬉しいな⇒
 今日はどうでしょうネタ。もう1週間前のことだけど、青屋敷に討ち入りをいたしまして、無事に戦利品を獲得したわけであります(=ローソンでDVD受け取り完了の意)。最近はこの「ヨーロッパ・リベンジ」が自分の中でお気に入りの企画(ちょっと前は「サイコロ3」にはまっていて、その前は「試験に出る石川・富山」にはまっていた)。「ヨーロッパ・リベンジ」は「水曜どうでしょう」という番組のエッセンスが濃縮されていんだよね。

 ・スタート(パリ)とゴール(ヘルシンキ)だけ決めて、あとは運任せ(⇒藤村Dが立てた旅の計画が狂いまくって、北極圏でキャンプをせざるを得ない状況まで追いつめられる)

 ・本筋とは無関係なところで盛り上がる(⇒北欧の旅だというのに、北欧に突入する前のドイツでホテルが見つからず、ロケ初日から野宿するハメに)

 ・ネタを必死で現地調達する。その結果、最初に予定していたネタよりも数倍面白いものが見つかる(⇒旅のテーマを「メルヘン」と定めて、赤ずきんやマッチ売りの少女など、ミスターに着せる衣装を持って行ったのに、オスロで見つけた「ムンクさん」の破壊力には敵わず)

 ・とにかくお金をかけない(⇒「ムンクさん」はたぶん数千円の風船人形。それなのに、即興で短編ドラマまで作ってしまうなんて、どこまで費用対効果が高いんだ!?)

 ・視聴者は誰も頼んでいないのに、なぜか勝手に戦いを挑む(⇒「スカンジナビア半島の首を持ってねぇ、[まだヨーロッパ21か国企画の中で回っていない]ポルトガルに会わないといけないんだよ」と、スカンジナビア半島をエイリアンに見立てて戦いを挑む大泉さん)

 ・そして、勝手にやられていく(⇒嬉野D以外の3人が北欧の大自然にノックダウン。美しい大自然を毎日見られるという、一般人からしたらこんなにうらやましいことはないのに、見慣れてくると「ヒマ」と感じてしまうのが恐ろしいところ。さらに、「ヒマ」というのは人間をこうもダメにするものか?というのがこのDVDでは解る)

 ・秀逸な前枠・後枠(「鶴の恩返し」も面白いが、個人的には途中から安田さんを飛び道具のようにブチ込んで、ドシュールな枠に仕上げてしまうあたりが好き)

水曜どうでしょうDVD第17弾『ヨーロッパ・リベンジ』

 北欧に行ったのに、ジャケットの絵はドイツで野宿したところ、という矛盾っぷり(笑)。大泉さんの足元にペットボトルが転がってるんだけど、本編を観たらちゃんとペットボトルがあった!相変わらず仕事が細かいな。

水曜どうでしょうDVD第17弾『ヨーロッパ・リベンジ』

 9月のドイツはいくら残暑が厳しいと言ったって、朝は冷えるんです(嬉野D風)。車の窓が凍っているところはもちろん、(写真では解りにくいが、)運転席側の窓が少し空いているところも忠実に描かれています。

水曜どうでしょうDVD第17弾『ヨーロッパ・リベンジ』

 旅のテーマが「メルヘン」なので、DVDのキャプチャ説明書も童話本風に仕上げられている。それよりも、DVD本編がいきなり一介のサラリーマン(?)である藤村Dのメルヘン物語アニメーション(というか、途中からはもはや「藤村マスゲーム」)で始まるもんだから、腹筋が崩壊した(痛)。

水曜どうでしょうDVD第17弾『ヨーロッパ・リベンジ』

 決して冊子の端が傷んでいるわけじゃないんですよ。わざとそういう風にデザインされている。さすが、「そんなの、どうでもいいだろ??」っていうところにまでこだわるのがどうでしょう。

水曜どうでしょうDVD第17弾『ヨーロッパ・リベンジ』

 DVDと同時に発売されたどうでしょうフィギュア。フィギュアに、藤村Dの名言「ここをキャンプ地とする」という字幕をつけるという暴挙。日本のフィギュア史にまた新しい1ページが刻まれました!

水曜どうでしょうDVD第17弾『ヨーロッパ・リベンジ』

 予約特典でついてきたキーホルダー。車中泊を決めたドイツのメルヘン街道で、窓が少し開いたままだったために、車内の出演者(特に短パンでドイツに行ってしまった大泉さん)を凍えさせたベンツのドア。これを・・・

水曜どうでしょうDVD第17弾『ヨーロッパ・リベンジ』

 「メルヘン街道で朝を迎えた大泉さん」のフィギュアにかぶせて、あの朝嬉野Dがファインダー越しに見た画を再現したかったのだが、フィギュアがどのローソンにもすでになし!仕事の合間に5店舗ぐらい回ったんだけどなぁ・・・(てか、あんな窓のキーホルダーはこの用途以外にどう使えと??)。

水曜どうでしょうDVD第17弾『ヨーロッパ・リベンジ』

 「ムンクさん」を使った小ネタ、もとい連続短編ドラマ「フィヨルドの恋人」の台本つき。ちゃんとト書きもついている。と言ったって、台本を書いてからドラマを撮ったのではなく、放送されたドラマから台本を書き起こすという、訳の解らないリバース作業で作られたわけだが(苦笑)。なお、Classicの放送では、映画『プロスペローの本』で使われたマイケル・ナイマンの音楽が流れていたけども、さすがにDVDでは使用許可が出なかったようで、オリジナル音楽に差し替えられていたのがちょっと残念。

水曜どうでしょうDVD第17弾『ヨーロッパ・リベンジ』

 ミスターが最も役者魂を見せた(?)シーンの台本。字だけじゃ絶対このシーンの面白さは伝わらないな・・・。北極圏の近くにある川へ、風船人形を助けるために事務所の社長が飛び込むんですよ。

水曜どうでしょうDVD第17弾『ヨーロッパ・リベンジ』

 第18弾の予告。個人的には、第18弾の次(=来年春)に出るであろう第19弾『試験に出る石川富山/四国八十八箇所2』が楽しみ。しかし、このペースで行ったら、『対決列島』とかが出るのは一体いつになることやら??


《2012年5月2日》
 5月1日に、シークレットの出し方が「水曜どうでしょうウラ話」ページで公開された。とうとうPVと絡めるようになったか(笑)。
シークレットは2つ。いずれもDISC2に収録されています。

《シークレット映像その1 副音声収録風景「ミスター編」》
 DISC2の「メインメニュー」は、空が青いとき(うさぎとカメなど)と赤いとき(金太郎など)を繰り返します。空が赤いのが終わって、青になったあたりで、

【上下上下下(↑↓↑↓↓)】とリモコンで入力するとシークレット映像その1が再生します。

《シークレット映像その2 副音声収録風景「大泉編」》
 「music from HOKKAIDO」の中のPVを、「PV#2♪Sugar Tune」 →「PV#3♪platinum shoes」→ 「PV#1♪折れない十字架」の順番で再生する(早送り可)。「メインメニュー」に戻り、空が赤いのが終わって青になったあたりで、【左キー(←)】をリモコンで入力するとシークレット映像その2が再生します。
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

コメントする