※2012年12月1日より新ブログに移行しました。よろしければこちらもご覧ください。
free to write WHATEVER I like
Top > ミニ書評(2005〜06年) アーカイブ
<<前の3件 次の3件>>
June 26, 2006

【ミニ書評】ピーター・ドラッカー著『ポスト資本主義社会―21世紀の組織と人間はどう変わるか』

拍手してくれたら嬉しいな⇒
ポスト資本主義社会―21世紀の組織と人間はどう変わるかポスト資本主義社会―21世紀の組織と人間はどう変わるか
P.F. ドラッカー P.F. Drucker

ダイヤモンド社 1993-07

Amazonで詳しく見るby G-Tools

 ピーター・ドラッカー著。ドラッカーが半世紀にも及ぶ時間を費やして観察・予測してきた「知識資本主義社会」の姿を1冊にまとめた書籍。1969年に発表された『断絶の時代』と非常によく似た構成になっているが、ドラッカー自身は本書を『断絶の時代』の単なる続編ではなく、音楽でいうところの「対位旋律」であると述べている(2冊の内容を合わせると、美しくて重厚な「知識の」ハーモニーを奏でる、ということか?)。

断絶の時代―いま起こっていることの本質断絶の時代―いま起こっていることの本質
P.F. ドラッカー Peter F. Drucker

ダイヤモンド社 1999-09

Amazonで詳しく見るby G-Tools

 仰々しい紹介をしたが、びっくりするほど目新しいことが書かれているわけではない。むしろ、マネジメントや政治・経済に関するドラッカー哲学のエッセンスが凝縮された1冊であると言った方が適切である。名著『現代の経営』などで体系化されたドラッカーのマネジメント論が、再び知識資本主義社会という文脈で述べられるのは奇妙な気もするのだが、よくよく考えると納得できる。

 知識の社会的な意味は「知識社会学」という分野で20世紀前半から論じられていたし、知識が経済の重要な資本になるという主張は1950年頃から存在していた。ちょうどこの頃から、ドラッカーはマネジメントの体系化に着手している。つまりドラッカーは、知識集約的になりつつある組織を観察しながらマネジメントを体系化したのだ。ドラッカーにとっては、マネジメントを論じることは、そのまま知識資本主義社会を論じることにつながるのである。
June 19, 2006

【ミニ書評】武田修三郎著『エントロピーからの発想』

拍手してくれたら嬉しいな⇒
エントロピーからの発想 (講談社現代新書 (695))エントロピーからの発想 (講談社現代新書 (695))
武田 修三郎

講談社 1983-06

Amazonで詳しく見るby G-Tools

 武田修三郎著。増大するエントロピーに人類が立ち向かうための方策を述べたもの。前半は生物の進化の過程とエントロピーとの関係を論じているが、結構専門的な内容であり、門外漢の私にとっては読むのがきつかった…

 翻って後半は、文明とエントロピーの関係を論じている。核心に迫る前に、私達は進歩に対する考え方を改めなければならない。私達には、進歩は継続的に続くと思い込んでいる(これはダーウィンの進化論の影響であろう)節がある。だが、本書で引用されている市井三郎の言葉のとおり、「ほぼ一直線に、必然的進歩をつづけて来たし、今後もまた続けるであろうと信じるような思想は、人類全体の思想史からすれば、きわめて新しい現象」(p177)なのである。

 著者は、イギリスの歴史家アーノルド・トインビーの「文明岩棚論」を借りながら文明の進歩を説明している。すなわち、登山家が岩棚を登ってはしばらく平坦な地で休み、また次の岩棚を登るように、文明も進歩と安定を繰り返してきたという。

 そして、話題は核心のエネルギー源へ。歴史を振り返ると、文明とエネルギー源には密接な関係がある。中世の農耕社会は木材によって支えられていたし、近代の産業社会は石炭からエネルギーの供給を受けていた。そして、現代文明は化石燃料によって成り立っている。人類が岩棚を登るたびに、エネルギー源は新しいものに切り替えられてきた。

 しかし、岩棚を登れば登るほど使用可能なエネルギー源は減少し、エントロピーは増大する。さらには、(この点が非常に重要なのだが)エネルギーによって支えられる社会システムも、高エントロピー状態になっているという。

 こうした状況に私達が立ち向かうためには、最小のエネルギーで最大の効果をもたらす仕組みと、エントロピーを外部に放出する「ネゲントロピー機構」(ネゲントロピーは物理学者エルヴィン・シュレディンガーが用いた言葉)が必要である、と著者は述べている。

 著者は近年、「Learn-Unlearn(学習忘却)-Relearn(再学習)」という学習サイクルを提唱しているが、これは学習サイクルにネゲントロピー機構を埋め込んだものであると言える。

【ミニ書評】武田修三郎著『デミングの組織論―「関係知」時代の幕開け』

拍手してくれたら嬉しいな⇒
デミングの組織論―「関係知」時代の幕開けデミングの組織論―「関係知」時代の幕開け
武田 修三郎

東洋経済新報社 2002-11

Amazonで詳しく見るby G-Tools

 自然科学を専門としながら、マネジメントに関する著書も著している研究者は少なくない。武田修三郎氏もその一人である。本書の発表時は東海大学の教授であったが、現在は早稲田大学で教鞭を振るっている。

 『関係知』時代が幕を開けたのならば、他方には幕を閉じた「知」が存在する。それは、デカルトに端を発する近代哲学である。要素還元主義(事象を分解していけば本質にたどり着くことができるとする考え方)とも言われる近代哲学の「知」を、本書では「分割知」と呼んでいる(以前の記事「「分析」によって事象を分解した後は、「直観」によって全体を統合する」で書いたように、私がMECEに小躍りする世の中の風潮に懐疑の目を向けるようになったのは本書の影響である)。行き詰まった近代知を超える現代知は、物事を分解したりせずに、システム、コンテクスト、一連のプロセスとみなす「関係知」である。

 エドワード・デミングは、品質管理の伝道者であり、戦後日本の劇的な発展を語るには欠かせない人物である。しかし、品質管理は終わったと見る向きも少なくない。また、デミングといえば、品質管理の統計的な手法ばかりが注目されるという点も否定できない。ところが著者は、デミングの思想において品質管理は入り口にすぎず、その奥には新しい、そして深遠な組織の哲学が展開されていることを見抜いた。デミングの組織論は「関係知」に立脚したものであり、デミングの組織論こそ、閉塞感にさいなまれる日本にとって必要なものであると断言している。

 著者の研究者としての回顧録も混じっており、楽しんで読める1冊である。