※2012年12月1日より新ブログに移行しました。よろしければこちらもご覧ください。
free to write WHATEVER I like
Top > 勝手に集めた名言集 アーカイブ
<<前の3件 次の3件>>
February 21, 2010

記念すべき600回目の記事は渋沢栄一の名言で

拍手してくれたら嬉しいな⇒
 2005年5月のブログ開設以来、足掛け5年弱でようやく600個目の記事にたどり着いた。アクセス数も来月中にはおそらく10万に達する見込み。いつも読んでくださる皆様、どうもありがとうございます。アクセスカウンターを設置した日には、6桁目が埋まる日は遠いなぁと思っていたが、ここにきて現実味が出てきてドキドキ。

 記念すべき600回目は、久しぶりに「勝手に集めた名言集」シリーズをやってみようと思う。紹介するのは、「論語を経営学の次元に高めた渋沢栄一−『論語の経営学(DHBR2009年10月号)』」でも取り上げた渋沢栄一の名言。
 金は働きのカスだ。機械が運転しているとカスがたまるように、人間もよく働いていれば金がたまる。

 仁義道徳と金儲けの商売とが、その根本において異背するように思われるが、けっしてそうではない。論語を礎として商業を営み、算盤をとって士道を説くこそ非常の功である。
(引用は『Management & History 歴史の知をビジネスに生かす』2009年1月による)

城山 三郎
新潮社
1976-05
おすすめ平均:
実業家・渋沢栄一の波乱万丈の前半生を描く
渋沢栄一の半生を描く名作
渋沢栄一伝
城山 三郎
新潮社
1976-05
おすすめ平均:
城山歴史小説の隠れた佳作
日本初の財界人
渋沢 栄一
筑摩書房
2010-02-10
おすすめ平均:
名著「論語と算盤」のわかりやすい現代語訳版
posted by Amazon360

 先日の記事でも書いたように、渋沢は『論語』に基づいた経営、つまり道徳と経済の両立を目指していた。モラルの追求と利益の追求という一見相反する2つのベクトルを、渋沢は『論語』(をはじめとする中国古典)を深く読み込むことで統合させることに成功した。

 それが顕著に現れているのが、孔子の「富と貴(たつと)きとは、是れ人の欲するところなり。その道を以てせずしてこれを得れば、処(お)らざるなり。貧しきと賤しきとは、是れ人の悪(にく)むところなり。その道を以てせずしてこれを得れば去らざるなり」という言葉をめぐる解釈であろう。

 渋沢は「孔子は決して富貴を嫌ったわけではない。『道を以てせずしてこれを得れば』という言葉によく注目なければならない。道理を伴った富貴でなければむしろ貧賤の方がましだが、道理を伴った富貴であれば問題ないという意味だ」と捉えている。要するに、利益の追求を道徳の追求の範囲内で正当化したのである。

 欧米では、「企業」という存在そのものの正当性に疑問が投げかけられた時期があった。企業否定派は、企業の利益は国家の利益と相反するものであり、企業が繁栄すればするほど、国家が本来もっていた「財やサービスの提供」という機能が弱められ、社会全体の雇用が不安定になると主張した。企業の正当性をめぐる論争は20世紀に入ってからも数十年続いていた。

 渋沢は、明治維新後の日本が欧米列強と対等に渡り歩くためには、国家が豊かになる必要がある。そのためには、企業が利益を上げ、産業界を盛り上げることが不可欠であると考えていた。渋沢は早くから、国家と企業の利益は一致することに気づいていたのである。ピーター・ドラッカーが1940年代の著書で、
 企業はと社会は、企業の経営の健全性について共通の利害を有する。企業の経営の失敗は国民経済を害し、ひいては社会の安定を害する。社会は、優れた経営陣だけが実現することのできる価格政策、雇用、人事、マネジメントを必要とする。
(※GMの破綻やJALの再建問題が社会全体の関心事となり、国民に大きな影響を及ぼしていることを考えれば、この文章の意味するところがよく解る)
(ピーター・ドラッカー著、上田惇生訳『企業とは何か−その社会的な使命』ダイヤモンド社、2005年)
と述べるよりもはるか昔のことである。この先見性は改めてすごいと思う。
May 09, 2008

野村克也の名言

拍手してくれたら嬉しいな⇒
 「よく『野村野球=データ野球』という人がいるが、私は決してそうは思っていない。データとは観察のもととなるもので、試合の前までに用意するものだ。一方、情報は試合の中で拾うものである。

 投手のクセや配球の傾向、時には二遊間(捕手のサインが見える)の動きから球種を判別されることもある。そして打者の狙い球の絞り方、盗塁するときの仕草、ベンチのサインによる打者や走者の反応の仕方などなど、情報はゲームの中に落ちている。それをもっとも感じ、見抜けるのが捕手というポジションである。」
(野村克也著『野村ノート』小学館、2005年)
 野村克也(1935〜)
 楽天が連勝、連敗を繰り返しながらも5割前後をキープし、チーム打率、チーム防御率ともにリーグ2位(5月5日現在)をマークしている。そういえば野村監督はどういう考えで指揮を執っているんだっけ?と思い、『野村ノート』を読み返してみた。

 野村監督が他の監督に比べて突出しているのは、「情報の収集⇒分析⇒知識化」のサイクルをひたすらぐるぐると回し続けている点。「何としてでも強者に勝ちたい」という信念が根底にはあるのだろう。

 とにかく、情報収集と分析に関しては並々ならぬ執念を感じる。4月28日の楽天対日本ハム戦。マー君が完封して5連勝となった試合終了後、野村監督は、「なぜ、勝てるのか細かく分析しないとな」(http://sports.yahoo.co.jp/news/20080428-00000022-dal-base.html)とコメントしている。普通は敗因を分析するものだが、勝ってなおその要因を細かく分析しようとする監督は、今の12球団の監督の中にほとんどいないのではないだろうか。

 企業も情報に対して敏感になり、情報から有益な知識を生み出さなければならない。自社の顧客の声、市場全体の声、競合他社の戦略、関連産業のトレンド、政治や行政の動き、資本市場の動向、社会の価値観の変化、新しい技術、社員の仕事ぶり、社員の生産性、工場の生産性…こうした情報を頻繁に収集することができているだろうか?そして、集めた情報から経営や現場に対するの重要な示唆は得られているだろうか?「情報の収集⇒分析⇒知識化」このサイクルを早く回せることこそ、厳しい競争環境の中で勝ち続けるための必要条件といえるのではなかろうか?

 もちろん、ただ闇雲に情報を収集し、分析すればいいわけではない。野村監督に勝利への執念があるように、企業の根源には「社会や顧客に貢献したい、しなければならない」という使命感や熱意が脈々と流れている必要がある(先日、「ジェームズ・C・コリンズの名言」で書いたとおり)。それがなければ、「情報の収集⇒分析⇒知識化」サイクルは水を汲まない水車に過ぎない。

野村ノート野村ノート
野村 克也

小学館 2005-09

Amazonで詳しく見るby G-Tools
May 07, 2008

ジェームズ・C・コリンズの名言

拍手してくれたら嬉しいな⇒
 「『なぜ偉大さを追求するのか』という問いは、ほとんど意味を持たない。理由はなんであれ、自分が好きな仕事、自分にとって大切な仕事をしているのであれば、この質問に対する答えは必要としない。問題は「なぜ」ではない。「いかにして」である。

 ほんとうに問題なのは、『なぜ偉大さを追求するのか』ではない。『どの仕事なら、偉大さを追求せずにはいられなくなるのか』だ。『なぜ偉大さを追求しなければならないのか、そこそこの成功で十分ではないのか』と問わなければならないのであれば、おそらく、仕事の選択を間違えている。

 …自分がほんとうに好きだからこそ、可能なかぎり偉大なものにしたいと望むもの、それによって自分が何かを得られるからではなく、それが可能だから偉大さを目指したいと思えるものに関与すべきだ。」
(ジェームズ・C・コリンズ著、山岡洋一訳『ビジョナリー・カンパニー飛躍の法則』日経BP社、2001年)

 ジェームズ・C・コリンズ(1958〜)
 『ビジョナリー・カンパニー』の共著者。長年にわたって「Great Company(偉大な企業)」を研究してきたコリンズ教授が、あるとき学生から「なぜ偉大さを追求しなければならないのか?」というそもそも論の質問をされて大いに驚いてしまう。調査企業のデータを眺めながら、コリンズ教授は1つの答えを導いた。「偉大さへの道を進むほうが犠牲が少なく、おそらくは仕事の量も少ない」。偉大な企業になるための原則を実行すれば、仕事の大半が単純化され効率化されると同時に、業績も向上するというわけだ。

 しかしコリンズ教授はそれだけではなく、もう1つの重要な答えを編み出した。それが冒頭の言葉である。偉大さは目的ではない。自分が全身全霊を打ち込める仕事を選択した結果であるというのだ。もっとも、学生は「なぜ偉大な『企業』を目指さなければならないのか?」という趣旨で質問したのに、コリンズ教授は「『個人の仕事』において、偉大さは目的ではなく結果である」という意味の回答をしているため、2人の問答はすれ違っているのだが、先ほどの文章の「仕事」を「事業」に変えてみれば、企業向けの回答になるだろう。
 「ほんとうに問題なのは、『なぜ偉大さを追求するのか』ではない。『どの事業なら、偉大さを追求せずにはいられなくなるのか』だ。『なぜ偉大さを追求しなければならないのか、そこそこの成功で十分ではないのか』と問わなければならないのであれば、おそらく、事業の選択を間違えている。」

 事業戦略を立案するとき、市場・顧客のニーズや競合他社の動向などの膨大な情報を集め、果てしなき分析作業に走ってしまうことがよくある。あたかも、企業を取り巻く環境の動向を全てパラメータ化し、関数処理すれば最適な戦略が導かれるかのようだ(コンサルティング会社がそれを助長していることは否めないが)。そうやって立てた「血の通わない」戦略は往々にして社員の支持を得られない。「何でそんな戦略をしなければならないのか?」「そんな戦略をして意味があるのか?」「本当にその戦略でうまくいくのか?」といった質問攻撃を受けてしまう。社員は「気乗りがしない」のである。

 分析作業ももちろん重要だが、偉大さを追求したくなるほどの事業は「社会に貢献しなければならない」という使命感や「この分野で傑出した存在になる」という情熱、「何としてでもやり遂げるんだ」という強い意思によって支えられているのも事実である。そうした思いが他の社員の共感を呼ぶとき、社員は戦略を実現すべく結束して動き出す。コリンズ教授は、企業経営にとって人間の心やマインドの働きが重要であることを改めて気づかせてくれた。

ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則
ジェームズ・C. コリンズ 山岡 洋一

日経BP社 2001-12-18

Amazonで詳しく見るby G-Tools