※2012年12月1日より新ブログに移行しました。よろしければこちらもご覧ください。
free to write WHATEVER I like
July 21, 2012

Mr.Children「hypnosis」コード&感想

拍手してくれたら嬉しいな⇒
前奏
Em DonE | Em DonE | Em DonF# | G C | Am F | GonD | D |

Aメロ
G | DonF# | Em | Am | C D | C D | C G | D Dsus4 D |
G | DonF# B7onD# | Em | A7 | C Bm7 | C Bm7 | C D | G DonF# |

Bメロ
Em | Bm7 | C | D | D |

サビ
G | DonF# B7onD# | Em Em7onD | C GonB | Am | D |
G | DonF# B7onD# | Em Em7onD | A7onC# | Am | Em | D | C D | CM7 | F |

Aメロ
G | DonF# B7 | Em | Am | C Bm7 | C Bm7 | C D | G DonF# |

Bメロ
Em | Bm7 | C | D | D |

サビ
G | DonF# B7 | Em Em7onD | C GonB | Am | D |
G | DonF# B7 | Em Em7onD | A7onC# | Am | Em | D | C D |

間奏
Em DonF# | G C D | Em DonF# | G C | Am F | GonD | DonE E |

A | EonG# C#7onF | F#m F#m7onE | D AonC# | Bm | E |
A | EonG# C#7onF | F#m F#m7onE | B7onD# | Bm | F#m | E | D E |
A C# D | EonG# C#7onF | F#m F#m7onE | B7onD# D7 C#7 B7 E7 | Bm | F#m | E | D E |
A C# D | EonG# C#7onF | F#m F#m7onE | B7onD# D7 C#7 B7 E7 | Bm | F#m | E | D E |
D | Dsus4 | A

 日テレのドラマ「トッカン 特別国税徴収官」(毎週水曜夜10時〜)の主題歌。コードはドラマから1番だけ適当に耳コピ。ラストは転調してAになるっぽいけど、最後まで曲を聞けていないのでコードは省略。 《2012年11月20日追記》コードを全部載せました。最後めまぐるしくコードが変わる部分は、アンサンブルを意識しています。コードの変わり目はフィーリングで感じ取ってください(苦笑)。

 「hypnosis」は、「【es】 〜Theme of es」を17年ぶりにリメイクした曲のように感じた。「【es】・・・」が発表された1995年当時は、曲を出すたびにミリオンセラーを達成する「ミスチル現象」が起きていた時期であるが、この頃の名曲のラインナップのうち、個人的に「【es】・・・」だけはあまり好きになれなかった。だから、今年の5月にミスチルデビュー20周年を記念して作成した「Mr.Childrenのマイベスト(4枚組)」には、「【es】・・・」を敢えて入れていない。

 というのも、(身分をわきまえずに音楽評論家気取りでミスチルを論じると、)「【es】・・・」は20代のメンバー達が演奏するには、テーマもアレンジも重すぎると感じたからだ。1994年の「innocent world」や「Tomorrow never knows」で、特に20代を中心とした若者固有の苦悩と希望を歌い上げた彼らが、一足飛びに”人生そのもの”を汎用的に奏でようとした試みのように思えた。それは、ある意味で当時のMr.Childrenの枠を超えていた。

 このブログでも何度か書いたけれども、2004年の『シフクノオト』から2008年の『SUPERMARKET FANTASY』までは、メンバーの精神状態も比較的安定していたようで、日常の何気ない幸福に焦点を当てた穏やかな曲が多かった。その後、2009年に入って、突き抜けるような爽快感に満ちた曲「fanfare」を発表し、新しいミスチルの幕開けを感じさせた。

 しかし、その翌年にリリースされた『SENSE』は、「fanfare」の延長線上にあるというよりも、むしろ混沌とした心理状態を慟哭に近い形で表現するアルバムに仕上がっていた(「fanfare」や「365日」は、その慟哭をわずかに癒すのみである)。ドラムのJENが「楽器のように響く」と評した桜井さんのボーカルが、まさにその心を代表していた。さらに、『SENSE』から急激に存在感を増した”プロデューサー兼第5のメンバー”である小林さんのピアノが、歌の世界観を構成する悲しみを増幅させていた。

 「【es】・・・」から17年後の新曲「hypnosis」は、『SENSE』の流れを受け継いでいる曲である。自分の中の理想と現実とが折り合わずに苦悩する人間像が、「自分に潜んでた狂気が 首をもたげて 牙をむき出し 両手を挙げる」、「オブラートにくるんで 何度も飲み込んだ悔しさが 今歯ぎしりをしながら 僕を突き動かす」(※歌詞はまだ正式に公開されていないので、間違っている可能性あり)といった、ミスチル特有の、いい意味で回りくどく、ごつごつとした歌詞の中に凝縮されている。Bメロの「不安に追いつかれないよう 願いを今 遠くへ遠くへと」の部分は、切なる願いが叫びとなって表出している。そして、緩やかかつ荘厳なストリングスが、曲全体をどっしりと支えている。

 ミスチルのメンバーももう40代になったが、キャリア論的に言えば、40代という年代は、組織や家族の中における責任も重くなり、社会的に自分に期待される役割と自分が本当にやりたいと思うことが乖離し始める時期である。ビジネスパーソンのキャリアとアーティストのキャリアがどこまで共通しているのか解らないものの、多かれ少なかれオーバーラップする部分はあるだろう。そうした40代の苦悩は、その後も長く続く人生そのものの苦悩に直結していて、20代にありがちな一時的な恋や愛の苦悩よりも深く普遍的なのである。そうした苦しみを切実に抱えている彼らが、この時期に「hypnosis」という曲を出したことで、「【es】・・・」にはなかった切迫感が感じられるのである。


 2001年〜2010年のミスチルのシングル、アルバム、DVDまとめ。



 最新シングル『祈り〜涙の軌道/End of the day/pieces』

祈り ~涙の軌道 / End of the day / pieces祈り ~涙の軌道 / End of the day / pieces
Mr.Children

TOY'S FACTORY Inc. 2012-04-18

Amazonで詳しく見る by G-Tools

おススメの書籍

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

コメントする