※2012年12月1日より新ブログに移行しました。自分で言うのもおこがましいですが、20代の頃に書いた本ブログよりも、30代に入ってから書いている現行ブログの方がはるかに中身が濃く、内容が多岐にわたり、面白いと思いますので、是非ご覧いただけるとありがたいです!
>>>現行ブログ free to write WHATEVER I like
March 16, 2012

人間は「シングルタスク」しかできないのか?「マルチタスク」も可能なのか?

拍手してくれたら嬉しいな⇒
 先日の記事「【ドラッカー再訪】「マネジメント」を万人に開いた1冊―『経営者の条件』」の脚注(※3)に絡めた補足というマニアックな補足(笑)。しかも、書いていくうちに思いのほか長くなってしまったので、1本の記事として独立させることにした。

 昨年末、海外のある大手IT企業が「社内メールの禁止」を発表して話題になったことがあった(「大手情報テクノロジー会社が社員のメールを禁止 / 理由は「メールは時間のムダだから」」[ロケットニュース、2011年12月2日])。この禁止令を出したAtos社CEOのティエリー・ブルトン氏は「メールでのやり取りに何時間も費やすのはおかしい。社員のメールの統計を取ると、本当に重要な案件は約1割しかなかった」と主張する。さらにこの記事では、「一度散らした集中力を元の作業に戻すのには約64秒かかる」という統計にも触れられている。

 一方で、『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー』2012年4月号を読んでいたら、「人間はマルチタスクには向かない」という見解を支持する研究と、「マルチタスクの方が生産性が上がる」という相反する研究が紹介されていた。カリフォルニア大学グロリア・マーク教授によれば、「現代の労働者は平均3分に1回、いまやっている作業から別の作業に移っている」そうだ。そして、「1つの仕事への集中力が一度途切れると、その回復に平均25分を要する」という(ロケットニュース24の記事が言及していた研究よりも深刻な結果だ)。

 ところが、メルボルン大学が300人の労働者を対象に実施した別の研究によると、「仕事中にインターネットを私的に利用すると生産性が下がると思われていたが、実際は9%も上昇していることが明らかになった」らしい(ただし、ネット中毒者は当てはまらない)。この効果は「WILB(workplace internet leisure browsing)」と呼ばれ、息抜き程度にネットサーフィンをすると、リフレッシュ効果が得られるのだという。

 どっちが正しいのかここで結論を出すことはできない。おそらく、タスクを切り替える要因が外発的か(例:電話がかかってくる、メールが来るなど)、内発的か(例:私的なネットサーフィン、オフィス周りのちょっとした散歩など)?ということや、仕掛中のタスクの重要度・難易度、さらにはそのタスクを阻害する要因のインパクトの大きさなど、様々な切り口によって結果は変わるのだろう。

 ただ、個人的な経験から1つだけ言わせてもらうと、最近は大企業を中心に、社員全員に携帯電話を支給して、いつでもコミュニケーションが取れるようにしているケースが増えているようだが、あれが本当に作業効率化に結びついているかどうかやや疑問である。例えば、遠方にいる上司から部下に電話がかかってくると、部下は「上司からの電話だ!」と思い、多少のプレッシャーを感じながら、作業を中断して電話に出る。

 この部下は、電話の前後で頭を切り替えるのに幾ばくか時間を要するだろう。しかも、これが会議中の電話となると、「今会議中なので、後で折り返します」という一言を告げるだけのために、他の出席者を数分待たせることになる。そもそも、上司が部下に何かを確認するために頻繁に電話をかけなければならないということは、重要な情報がきちんと共有される業務プロセスになっていないか、上司の物覚えが悪いか、部下の報連相のマインドが欠けているかのどれかである。これらの原因は、社員に携帯電話を支給したところで解決しないと思う。


(※)キャシー・デイビッドソン「マルチ・インスパイアリング―マルチ・タスクによる注意散漫を逆に活用する」(『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー』2012年4月号)

Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2012年 04月号 [雑誌]Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2012年 04月号 [雑誌]

ダイヤモンド社 2012-03-10

Amazonで詳しく見るby G-Tools

おススメの書籍

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

コメントする