※2012年12月1日より新ブログに移行しました。
>>>現行ブログ free to write WHATEVER I like
⇒2019年にさらにWordpressに移行しました。
>>>現行HP シャイン経営研究所(中小企業診断士・谷藤友彦)
December 31, 2011

【2011年最後の記事】「問題を解決する気がない人」の問題解決にいつまでもつき合うな

拍手してくれたら嬉しいな⇒
【996本目】1,000エントリーまであと4。

 えー、目標としていました年内1,000エントリーは達成できませんでした、スミマセン・・・今月は記事を19本書いて、DHBRのレビューだけで10本を消化するという強引な(?)技も使ったものの、目標達成ならず。あと4本は2012年に持ち越し。

 今年最後の記事ということで、簡単に1年を振り返ってみると、今年は”何にもない1年”だった。悲しいかな、30年生きてきてこれほどまでに収穫のない年は初めてだ。それでもたった1つ教訓になったことがあるとすれば、「問題を解決する気がない人の問題を、いつまでも解決しようとするな」ということか?「何をエラそうなことを!?」と思われる方がいらっしゃるかもしれないが、どんな問題でも自分が解決できると思って首を突っ込むのは、利他主義の名を借りた一種の利己主義ではなかろうか?

 私は決してお節介な性格ではないけれども、自分も多少関係している問題については、解決の力になればと思って協力したくなる。しかし、どんなに手を変え品を変えてあれこれ議論したり説得したりしても、頑なに考えを変えない人、あるいは何を考えているのか腹の底がつかめない人にいつまでも関わるのは、時間と精神を擦り減らすだけだ。そういう場合はさっさと見切りをつけて、もっと前向きに問題解決したいと望んでいる人たちのために自分のパワーを使った方が、よっぽど有益だと悟ったわけである。

 私がSEとして最初の会社に就職した時に、「SEの必読書」として紹介された『ライト、ついてますか』という本には、こんな一文がある。今になって、この言葉の意味がよく解る気がする。
 あとから調べてみれば、本当に問題を解いてほしかった人はそんなにいないものだ。
(※太字は原文ママ)
ライト、ついてますか―問題発見の人間学ライト、ついてますか―問題発見の人間学
ドナルド・C・ゴース G.M.ワインバーグ 木村 泉

共立出版 1987-10

Amazonで詳しく見るby G-Tools

 ここから突然孔子の話になるが、『論語』には孔子が人々とどのように接していたのかがうかがえる一説があり、非常に興味深い。
 子曰く、吾知ること有らんか、知ることなきなり。鄙夫(ひふ)あり、来たりて我に問う。空空如(くうくうじょ)たり。我その両端を叩き而して竭(つく)せり。(子罕)
 まず、孔子は基本的なスタンスとして、「私は何か知っていることがあるだろか?いや、何も知らない」と宣言し、ソクラテスの「無知の知」とも共通する謙虚な姿勢を見せる。そんな自分に、「鄙夫」=身分が低く、知識に乏しい男が「空空如」と質問をしてきたら、すなわち真面目に質問をしてきたならば、孔子は「自分の頭を隅々まで叩いて、知恵を絞り真剣に答えてやる」と言う。

 しかし、他の箇所では次のようにも述べている。
 子曰く、狂にして直ならず、どう(※人偏に「同」)にして愿(げん)ならず、くうくう(※「くう」は立心偏に「空」)として信ならずんば、吾これを知らず。(泰伯)
 「狂」とは志は大きいが実行が伴わないことを指す。「どう」は無知であることを、「くうくう」は無芸無能であることを意味する。「狂」なのに正直でなく、「どう」である上に愿=真面目でなく、「くうくう」である上に誠実でないならば、孔子にもどうしようもない。孔子は身分の貴賎や知識の深浅を問わず、あらゆる人と議論を交わす準備をしていた。とはいえ、相手の性格に難がある場合は、「吾これを知らず」とあっさり手を引いてしまうのである。

 聖人・孔子ですらこうなのだ。いわんや凡人であるこの私が、全ての問題解決にこだわる理由などあるだろうか?来年はもっと人を観る眼を養おう。それでは皆さん、よいお年を。


(※)『論語』の原文と日本語訳は、竹内均編『渋沢栄一 「論語」の読み方』(三笠書房)を参考にした。

渋沢栄一「論語」の読み方渋沢栄一「論語」の読み方
渋沢 栄一 竹内 均

三笠書房 2004-10

Amazonで詳しく見るby G-Tools
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

コメントする