※2012年12月1日より新ブログに移行しました。よろしければこちらもご覧ください。
free to write WHATEVER I like
November 02, 2011

バカ野郎!2個も食えるか!!(笑)―気になるリンゴ&アップルクーヘン

拍手してくれたら嬉しいな⇒
1_kininaru_ringo-1 「対決列島」の青森対決で、ミスターに文字通り泡を吹かせた「気になるリンゴ」と「アップルクーヘン」を買ってみた。気になるリンゴは「ラグノオ」社のものを、アップルクーヘンは「小向製菓」社のものを購入。

 まずは気になるリンゴ。リンゴを丸ごと1個パイで包んでいるという重量級なだけに、箱もデカい。


2_kininaru_ringo-1 その気になる重さは・・・?


3_kininaru_ringo-1 何と364g!大盛りのご飯並みに重いじゃないか。


4_apple_kuchen-1 でもねぇ、これだけでお腹いっぱいになってもらっちゃ困るよ。お次はアップルクーヘンだ。


5_apple_kuchen-2 リンゴをぐるっとアップルクーヘンで包み込んでいるという超重量級。箱の大きさからして、既に気になるリンゴを圧倒している。その威圧感たるや半端ない。


6_apple_kuchen-1 さぁ、重さを量ってみよう。もう、台所用の秤から思いっきり箱がはみ出してしまっているけど。


7_apple_kuchen-1 その重量は、気になるリンゴの約2倍に近い630g!!
気になるリンゴとアップルクーヘンを両方合わせると、1kgですよ。そりゃ、普通の人なら大泉さんのようにこう言いたくなるわけだ。

「バカ野郎!2個も食えるか!!」


8_kininaru_ringo-1 気になるリンゴを切ってみるとこんな感じ。リンゴの芯の部分には、細かく刻んだシロップ漬けのリンゴが入っている。パイの部分は、意外とリンゴの生の食感が残っていて、かじるとシャリシャリとした歯ごたえを味わうことができる。


9_apple_kuchen-1 続いてアップルクーヘン。こんな分厚いバームクーヘンで包んでいるんだもん、そりゃ、あのぐらいの箱が必要になるわけだ。


10_kininaru_ringo_and_apple_kuchen-1 気になるリンゴとアップルクーヘンを並べてみても、大きさの違いが一目瞭然。気になるリンゴは常温で、アップルクーヘンは冷やして食べた方がおいしい。

 ちなみに、どちらもカロリーが箱に書かれていないのだが、ネットで調べてみると、気になるリンゴが約546kcal(※1)、アップルクーヘンが約2,640kcal(※2)ぐらいだと思われる。両方食べたら3,000kcalを超えてしまうよ〜。宿の飯が食べられなくなるのもむべなるかな。

 どうでもいいけど、今年に入ってから「ずんだ餅」(宮城)、「ゆべし」(福島)、「野菜入りおやき」(長野)を食べたんだよね。去年は「ラ・フランスゼリー」を食べたし、だんだんと「1人対決列島」みたいになってきた(汗)。


(※1)「http://plaza.rakuten.co.jp/pralines/diary/201104050000/」より。
(※2)「http://www.happyclover.in/modules/tinyd06/index.php?id=6」では、小向製菓のものではないが、同じようなアップルクーヘンで100g約440kcalとなっている。箱の重さを抜くと約600gなので、丸ごと1個食べたら約2,640kcalになる計算。

おススメの書籍

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

コメントする