※2012年12月1日より新ブログに移行しました。よろしければこちらもご覧ください。
free to write WHATEVER I like
September 15, 2011

【お知らせ】いくつかの記事に修正・補足説明を加えました

拍手してくれたら嬉しいな⇒
 このブログもおかげさまで6年以上続いていますが、たまにずいぶん昔の記事をブックマークしてくださったり、褒めていただけたりする方もいて、それはそれでもちろん嬉しい限りなんですけれども、同時に「間違ったことやおかしなことを書いていないよな??」と自分で疑心暗鬼になることもあるんです。そんな観点から過去記事を読み返してみて、いくつかの記事に修正・補足説明を加えました。

 「痛みは先延ばし」で最後は首相が辞任する(2007年9月13日)
 自民党の安倍氏が総理のポストを突然放り投げてしまった時に書いた記事。一部、内閣法に関する私の知識不足ゆえに内容が十分でない箇所があったので、記事の最下部に説明を足した。もっとも、今振り返るとこの記事自体がプアーだから、本当は削除してしまいたいぐらいの気持ち・・・。しかし、それも”過去の遺産”ということで残しておく。

 製造業が海外生産をする理由(2006年2月14日)
 製造業は人件費を削減してコスト競争力を高めるべく海外生産を行うとされるが、製造原価に占める人件費の割合はそれほど高くなく、海外生産を推進する主たる理由にはならない、と書いた記事。ただ、人件費に関する具体的なデータの根拠が欠けていたため、記事の最下部にデータをつけ足した(なお、中小製造業のデータに限定されている点はご容赦いただきたい)。この記事は、上の安倍氏に関する記事に比べるとさらにプアー度が高いが(汗)、やはり”過去の遺産”ということで、一種のモニュメントとして残しておくことにした。

 今年読んだリーダーシップの本の中で最もしっくりきたよ(2)―『最前線のリーダーシップ』(2010年12月28日)
 もともと「他人からのアドバイスにはどのくらい耳を傾ければいいんだろうか?―『リーダーへの旅路』」(2010年12月24日)という記事に修正を加えて書き上げたのがこの記事なのだが、最近アメリカの政治学者ジョセフ・ナイの著書を読んで、さらに修正したい部分が出てきた。この修正については、かなり長くなったので、新しい記事としてアップした。⇒【補足】リーダーは他人からのアドバイスにはどのくらい耳を傾ければいいんだろうか?(2011年9月15日)

 新しい記事では、「リーダーはフォロワーからの助言にどのくらい耳を傾ければよいか?」という問いに対し、「リーダーとフォロワーの関係性」、「フォロワーの批判対象」という2軸を使って、改めて整理している。

 ThinkPadの「進む」「戻る」キーを”事実上”無効にする強引な方法(2011年7月21日)
 これは、私のブログの本来のテーマからは外れた記事なのだけれども、記事に書いた通りに設定を変えてもうまくいかない場合があることが後に判明。その点を追記している。

おススメの書籍

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

コメントする