※2012年12月1日より新ブログに移行しました。よろしければこちらもご覧ください。
free to write WHATEVER I like
September 13, 2011

やっぱり「世界への長期分散投資」が一番無難なのね―『投資信託はこの8本から選びなさい』

拍手してくれたら嬉しいな⇒
中野 晴啓
ダイヤモンド社
2011-06-10
posted by Amazon360

 定期購読しているDIAMONDハーバード・ビジネス・レビューの広告に入っていたので、つい買ってしまった。いや実際問題ねぇ、独立して個人事業主をしていると、将来の生活資金のことはどうしても心配になるわけよ。自分の中では、ピーター・ドラッカーが90歳を超えてもカリフォルニア州のクレアモント大学で教鞭をとっていたのに倣って、90歳まで働くぐらいのつもりでいる(あぁ、笑いたい奴は笑えばいいさ)。だけど、80歳、90歳になったおじいちゃんのコンサルティングや研修サービスを必要としてくれる企業や組織があるかどうかなんて解らないし、そもそも病気になってしまったら元も子もない。

 国民年金は満額でも年間80万ぐらいしかないため、それだけではとてもじゃないが20年、30年という長い老後を支えることはできない。最近になってようやく資産運用の元手も多少できたし(といっても、数十万単位の世界ですよ・・・)、そろそろ真剣に資産運用を考えようかと思い、この本を購入した。

 本書の結論は至ってシンプル。現在、日本国内には約2,800本の投資信託があるけれども、一番無難なのは、言い換えれば、長期間にわたって着実に資産を増やすことができる可能性が高いのは、「世界中へ分散投資できるもの」に限るということ。本書では、「新興国株」、「新興国債券」、「外国株」、「外国債券」、「日本株」、「日本債券」、「世界REIT」、「コモディティ」、「分散ポートフォリオ(新興国株からコモディティまでの8つ全てに均等に投資する)」という9つの資産クラスについて、1996年から2010年までの15年間の運用実績をランキング化したデータが紹介されている。

 「新興国株」から「コモディティ」までの8つは、年によって運用実績にかなりのばらつきがあり、順位がめまぐるしく入れ替わる。これに対し、「分散ポートフォリオ」は変動が少なく(毎年4位〜7位にランクイン)、ほどほどの成績を残している。15年間の平均リターンを算出すると、「分散ポートフォリオ」は年6%になる。

 ちなみに、「新興国債券」(12%)、「世界REIT」(8%)、「新興国株」(7%)の平均リターンは「分散ポートフォリオ」を上回っているものの、新興国の債務がデフォルトしたり、経済成長が鈍化したりした瞬間に「新興国債券」と「新興国株」はやられてしまう。不動産についても、歴史を振り返れば何度もバブルとバブル崩壊を繰り返しているため、「世界REIT」も乱高下を繰り返す性質のものだ。

 本書のテーマは、30年とか40年といった”超長期的スパン”を見据えた投資である。よって、15年単位で見たら「新興国債券」、「世界REIT」、「新興国株」は確かに魅力的かもしれないけれども、その先も同じリターンをもたらしてくれるかどうかは、「分散ポートフォリオ」に比べるとはるかに不透明だ、というのが著者の見解である。

 本書のタイトルに「投資信託は、この8本から選びなさい」とあるが、その8本の名前をこの記事で書いてしまうとあまりにも露骨なネタばれになっちゃうんで、やめておくよ。ただ、著者の中野晴啓氏がセゾン投信代表取締役社長であることから容易に推察できるように、8本の中にはセゾン投信の商品が含まれているということだけ言っておこう(だって、自社商品のPRにならないんだったら、社長がわざわざ時間をかけて本を出版したりしないもん)。

 代わりにと言っては何だが、現在国内で取り扱われている約2,800本の投信から8本に絞り込んだ基準を引用しておく。下記の基準がどういう意味を持つのか?なぜ大事なのか?に関しては、「本書を読んでのお楽しみ」ということで、今回のレビューは終了〜(資産運用については、私より詳しい人が世の中にいっぱいいるから、私が長々とレビューを書いたところで意味がないし、汗)
長期投資に向いている投資信託の条件
 (1)信託期限が無期限であること。
 (2)分配金を全額再投資に回してくれること。
 (3)購入時手数料がかからないノーロード型で、信託報酬率が低いこと。
 (4)純資産残高が増え続けているもので、その残高があまりにも小さい場合は除外。
 (5)少額から自動積立ができて、自分の銀行口座から毎月引き落としが可能。
 (6)投資対象は「国際分散型」

おススメの書籍

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

コメントする