※2012年12月1日より新ブログに移行しました。自分で言うのもおこがましいですが、20代の頃に書いた本ブログよりも、30代に入ってから書いている現行ブログの方がはるかに中身が濃く、内容が多岐にわたり、面白いと思いますので、是非ご覧いただけるとありがたいです!
>>>現行ブログ free to write WHATEVER I like
July 13, 2011

「パーソナリティ・モデルの5要素」に基づく性格診断(無料)

拍手してくれたら嬉しいな⇒
posted by Amazon360

 DIAMONDハーバード・ビジネス・レビューの7月号で、無料診断が2つ紹介されていたのでやってみた。まずは、パーソナリティ・モデルの5要素(通称ビッグ・ファイブ)に基づく性格診断。この診断では、経験に対する開放性、誠実さ、外向性、協調性、神経質さの度合いが解る。さらに、この5要素にはそれぞれ関連する下位要素があり、より詳細に自分の性格を把握することができる。論文の著者によると、自分や周囲の人間の失敗への対処の仕方を明らかにするのに役立つという。

 http://www.personal.psu.edu/j5j/IPIP/ipipneo120.htm(英語)

 診断結果の見方はこんな感じだ(論文から引用)。
 たとえば、誠実さの下位要素である「達成のための努力」で得点が高いならば、熱望した目標が達せられない場合に落ち込みやすいということだ。あるいは、神経質の下位要素である「怒り」で得点が高いと、他人のささいなミスを過度に責め、その重大性を誇張する傾向があることがわかる。
 リンク先のページにジャンプすると、診断にあたっての注意点がいくつか書かれているので、全てのチェックボックスにチェックを入れる。その後、ページ最下部の「Send」ボタンを押すと、診断がスタートする。診断は全部で120問あり、前半60問と後半60問でページが分かれている。英語なので若干面倒くさいが、"Very Inaccurate"(全く当てはまらない)〜"Very Accurate"(大変よく当てはまる)の5段階のうち、自分に該当するものを選択するという、診断としては極めてシンプルな形式のものである。

 私の結果は以下のようになった。いずれの要素も0〜99点の間で測定されるようだ。

基本要素(1)Extraversion(外向性)・・・15点
 <下位要素>
  (1)-1:Friendliness(親しみやすさ)・・・7点
  (1)-2:Gregariousness(社交性)・・・8点
  (1)-3:Assertiveness(積極性)・・・44点
  (1)-4:Activity Level(活発性)・・・49点
  (1)-5:Excitement-Seeking(興奮を追い求める度合い)・・・46点
  (1)-6:Cheerfulness(陽気さ)・・・11点

 外向性が低いのは自分でも自覚しているよ(汗)。でも、Assertiveness、Activity Level、Excitement-Seekingが他の下位要素よりも高いのはやや意外だった(それでも半分以下の得点だが)。

基本要素(2)Agreeableness(協調性)・・・16点
 <下位要素>
  (2)-1:Trust(他人に対する信頼感)・・・24点
  (2)-2:Morarity(道徳性)・・・29点
  (2)-3:Altruism(利他主義)・・・5点
  (2)-4:Cooperation(協業)・・・18点
  (2)-5:Modesty(謙虚さ)・・・35点
  (2)-6:Sympathy(他人に対する共感)・・・63点
 外向性と同様、協調性も低いのは認識済み(大汗)。EQ(心の知能指数)の診断とかをやっても、だいたいこの辺りのスコアは低く出る。それにしても、Altruismが5点ってのはちょっとひどいなぁ。Sympathyが高いのに対してAltruismが低いということは、「他者に共感はするけれども、救いの手は差し伸べない」ってことになるのかな?こう書くと、自分がすごく冷たい人間のように思えてしまうが・・・。大丈夫かなぁ?今後の仕事に影響しないかなぁ??

基本要素(3)Conscientiousness(誠実さ)・・・70点
 <下位要素>
  (3)-1:Self-Efficacy(自己効力感)・・・52点
  (3)-2:Orderliness(秩序正しさ)・・・80点
  (3)-3:Dutifulness(忠実さ)・・・66点
  (3)-4:Achievement-Striving(達成のための努力)・・・66点
  (3)-5:Self-Discipline(自己規律)・・・47点
  (3)-6:Cautiousness(注意深さ)・・・64点
 受診前には、次に出てくる(4)Neuroticism(神経質さ)が一番高くなると思っていたけれど、(3)Conscientiousness(誠実さ)が最も高得点だった。ただ、Self-Discipline(自己規律)だけが他の下位要素に比べて低いということは、自分の基軸がぶれることがまだ多いのだろうな。悪く言えば、自分に対して甘いところがあるということだろうか?

基本要素(4)Neuroticism(神経質さ)・・・60点
 <下位要素>
  (4)-1:Anxiety(不安感)・・・81点
  (4)-2:Anger(怒り)・・・68点
  (4)-3:Depression(失望)・・・72点
  (4)-4:Self-Consciousness(自意識)・・・67点
  (4)-5:Immoderation(過敏な反応)・・・12点
  (4)-6:Vulnerability(精神的な脆さ)・・・38点
 引用文にあった、「神経質の下位要素である「怒り」で得点が高いと、他人のささいなミスを過度に責め、その重大性を誇張する傾向がある」というパターンに見事に当てはまりました(泣)。しかし、Angerよりも、AnxietyやDepressionの方が高いんだね。確かに、他人の仕事を見ていてイライラすることは多いのだけれども、それを表に出さずに我慢する傾向はあるかもしれない。怒りを飲み込んだ結果、不安や失望感につながってしまうのだろう。

基本要素(5)Openness to Experience(経験に対する開放さ)・・・24点
 <下位要素>
  (5)-1:Imagination(創造力)・・・1点
  (5)-2:Artistic Interests(芸術に対する関心)・・・60点
  (5)-3:Emotionality(感情の豊かさ)・・・32点
  (5)-4:Adventurousness(大胆さ)・・・38点
  (5)-5:Intellect(知性)・・・70点
  (5)-6:Liberalism(リベラルな考え方)・・・17点
 「経験に対する開放さ」という日本語がやや不自然だけれども、解説文を読むと「自分はどういう分野での経験に興味があるか?」といった意味のようだ。Imaginationが1点って・・・。お情けで1点くれた、みたいな感じになっているじゃないか。

 ところで、下位要素にLiberalism(リベラルな考え方)が入っている点は、いかにもアメリカの診断っぽいなと感じた(Openness to Experienceの下位要素にLiberalismが位置づけられる理由はよく解らないけれども)。診断には、「選挙ではリベラルな/保守派の候補者に投票する」という設問が含まれている。

おススメの書籍

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

コメントする