※2012年12月1日より新ブログに移行しました。よろしければこちらもご覧ください。
free to write WHATEVER I like
April 03, 2006

【ミニ書評】レスター・サロー著『知識資本主義』

拍手してくれたら嬉しいな⇒
知識資本主義知識資本主義
レスター・C・サロー 三上 義一

ダイヤモンド社 2004-09-10

Amazonで詳しく見るby G-Tools

 レスター・C・サロー著、三上義一訳。タイトルは『知識資本主義』となっているが、知識資本主義に直接言及しているのは、本書の後半部において知的財産保護の重要性を主張している部分と、CKO(最高知識責任者)なる新しいポストの創設を提案している部分だけである。大半は望ましいグローバル経済をどのように構築すべきかという議論に費やされている(ちなみに原題はFortune Favors The Bold: What We Must do to Build A New and Lasting Global Prosperity)。とりわけ、やがて訪れるであろうドル暴落に他国はどのように備えるべきか、という問題について多くのページを割いている。

 日本はアメリカ依存型の経済から脱却し、ヨーロッパは閉鎖的な地域主義に拘泥することをやめて、日米欧が連携してグローバリゼーションを主導すべきだというメッセージは前書『資本主義の未来』から引き継がれているものである。

おススメの書籍

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

コメントする