※2012年12月1日より新ブログに移行しました。
>>>現行ブログ free to write WHATEVER I like
⇒2019年にさらにWordpressに移行しました。
>>>現行HP シャイン経営研究所(中小企業診断士・谷藤友彦)
May 08, 2006

ダニエル・キムの名言

拍手してくれたら嬉しいな⇒
 「モノとしてのいっさいの記録類が一夜にして破壊された組織を想像して欲しい。レポート、コンピュータ・ファイル、社員録、業務マニュアル、カレンダーなど、すべてが突如としてなくなってしまったのだ。残されたのは人、建物、資本設備、原材料、在庫だけである。さて次に、社員が全員出社しなくなった組織というものを想像してみよう。かつての社員と多くの点で似ているが、その組織に馴染んでいない新人たちが代わりに働きにくる。復旧が容易なのは、どちらの組織だろうか?」
(Daniel H. Kim, "Individual and Organizational Learning." 訳はジョセフ・ボイエット&ジミー・ボイエット著、金井壽宏監訳『経営革命大全』日本経済新聞社、1999年より)
 ダニエル・H・キム
 マサチューセッツ工科大学組織学習センターの創設者の一人(もう一人は『最強組織の法則』で有名なピーター・センゲ)。個人と組織の学習に関する最も優れた、かつ最も理解しやすい理論を構築したと言われる。引用した文章の最後の問いに対する答えは、学習する組織の理論に従えば前者となる。組織の静的な記憶は失われたが、社員の頭の中に必要な知識が残っている分だけ復旧が早い。別の表現をすれば、知識は社員の頭の中になければ意味がない。

 最近「見える化」が流行のキーワードとなっているが、見える化の本当の狙いは知識の可視化ではなく、知識を社員の頭の中に沈殿化させることにある。

経営革命大全経営革命大全
ジョセフ・H. ボイエット ジミー・T. ボイエット Joseph H. Boyett

日本経済新聞社 1999-02

Amazonで詳しく見るby G-Tools
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

コメントする