※2012年12月1日より新ブログに移行しました。
>>>現行ブログ free to write WHATEVER I like
⇒2019年にさらにWordpressに移行しました。
>>>現行HP シャイン経営研究所(中小企業診断士・谷藤友彦)
May 08, 2006

マクドナルドの24時間営業

拍手してくれたら嬉しいな⇒
マック24時間攻勢 おやつ新メニュー、深夜営業 業容拡大も視野

 日本マクドナルドは十九日、セットメニューの値上げや営業時間の二十四時間化を盛り込んだ事業方針を発表した。…

 営業時間については二十四時間化を見据えて深夜営業を拡大。ドライブスルー型店舗を中心に、来月から二百店舗程度でスタートする。

 …将来のさらなる成長を目指して打ち出すのが二十四時間営業。深夜のコンビニエンスストア利用客をはじめ潜在需要は大きく、来店客数のアップを期待してやまない。ドライブスルーや繁華街にある店舗を中心に『最大九百店舗で展開する』(原田社長)という。
(4月20日産経新聞より抜粋)

 深夜にマクドナルドを利用したいと思うシチュエーションが私にはぱっと思い浮かばないのですが、皆さんはいかがですか?

 深夜営業を行っている外食・中食(惣菜を持ち帰って食べる)市場のプレーヤーを列挙してみると、次のようになります。

(1)コンビニエンスストア
(2)牛丼屋チェーン(吉野家、すきやなど)
(3)カレーチェーン(CoCo壱番屋など)
(4)ファミレス(ガスト、デニーズなど)
(5)惣菜・弁当屋(オリジン弁当、ほっかほっか亭など)
(6)定食屋(めしや丼など)
(7)ラーメン屋
(8)居酒屋・飲み屋
(9)バー・クラブ

 一方、深夜に食事をする顧客は、こんなニーズを抱えています。

(A)晩御飯を食べるのが遅くなってしまったので、外で買うか食べるかして済ませたい
(B)深夜にちょっと小腹が空いたので、軽く何か食べたい
(C)大人数でお酒でも飲みながらわいわいと食事がしたい
(D)少数の友人や大切な恋人と、じっくり話でもしながら何か食べたい

 (A)のニーズは(1)〜(7)が、(B)のニーズは(1)が、(C)のニーズは(8)が、(D)のニーズは(4)(9)が充足してくれます。しかし、深夜のマクドナルドがどのニーズを満たしてくれるのかイメージが湧きません。(C)は除外して考えるとしても、ハンバーガーは小腹を満たすには重すぎるし、晩御飯と呼ぶのも苦しい気がします(晩御飯はできればご飯とおかずの組合せにしたい)。ありうるとすれば(D)ですが、24時間営業の中心となるドライブスルー型店舗は郊外に位置する店舗であり、(D)のニーズを持った人が周囲にどのくらい存在するのか不明です(繁華街の店舗ならまだ理解できるが)。

 マクドナルドは同時にセットメニューの値上げも発表しています。これが、深夜営業が期待通りの収益を上げられなかった場合の保険のように見えてしまうのは私だけでしょうか?

 会見では深夜用の新メニューを開発する予定も示唆されていますが、もしマクドナルドが(A)のニーズを満たそうとするならば、晩御飯っぽいセットメニューがあった方がいいし、(B)のニーズに応えるためには、例えば脂分の少ないミニバーガーのような軽い単品メニューを用意した方がいいと私は考えます。


《参考URL》
http://news.goo.ne.jp/news/asahi/keizai/20060419/K2006041904170.html?C=S
http://news.goo.ne.jp/news/sankei/keizai/20060420/m20060420013.html?C=S
トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

こんにちは。

夜遅くに街を徘徊してみると、意外なところで夜を過ごす人達がいるところを目にします。
例えば漫画喫茶とか。
そういう人達を取り込みに来てるんじゃないかと思います。
ただし、そういう使われ方だと収益がオペレーションコストを上回るかどうかには確かに疑問が残りますね。
>まつさん

こんにちは。
深夜の漫画喫茶に行く人のように、夜の時間つぶしの場所が欲しい人のニーズは確かにあるでしょうね。

ただ、顧客が長居するほど売上と収益が(いちおう)伸びる漫画喫茶と、顧客に長居されてもあまり売上が伸びず収益は逆に悪化するマックが、同じターゲット層を狙うのは奇妙に思えます。
深夜の漫画喫茶は定額制のところがほとんどで、
終電〜始発まで1000円とか1500円が主流です。
500円くらいマックが取れればいいな〜的は発想かなと思ったのです。
長居をされることを前提で。
開けていたら、席はどうせガラ空きでしょうし。

なので、私もこの戦略には疑問を感じています。
結果がどうでるか楽しみですね。

コメントする