※2012年12月1日より新ブログに移行しました。よろしければこちらもご覧ください。
free to write WHATEVER I like
September 12, 2005

石川啄木の名言

拍手してくれたら嬉しいな⇒
 「歌を論ずるに託して現代の社会組織、政治組織、家族制度、教育制度、その他百般の事を抉るやうに批評し、昨日に帰らんとする旧思想家、今日に没頭しつつある新思想家――それらの人間の前に新たに明日といふ問題を提撕(ていせい:教え導くの意)しようといふのだ…」
 石川啄木が義弟の宮崎郁雨に当てた明治43年(1910年)12月21日付書簡より。過去に固執することなく、明日を自ら創り出そうとする啄木の姿勢がうかがえる。

おススメの書籍

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

コメントする